読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

笑口房☆

祐天寺のmiyamomi的二大中華と言えば、
来々軒か笑口房。

来々軒は醤油ラーメン発祥の店という説が
あるくらい昭和の王道中華なのに対して、
笑口房はヌーベルシノワ的創作色の強い
スタイルなんだけど、創作がダイレクトに
美味しさに繋がってる素敵なお店です。

今日のお昼は笑口房に決めました♪

『そこは普通に漢字でしょ…』
f:id:miyamomi:20150207141230j:plain
デザイン事務所で働いてる身としては、
いつもモヤモヤしちゃいます。
色も赤黄青ってねぇ…

『ランチ餃子』
f:id:miyamomi:20150207141443j:plain
お店の看板は散々ディスっちゃいましたが、
こちらの看板メニューの餃子は
必ず食べないといけません!!

『このぷりぷり感を見よ!』
f:id:miyamomi:20150207141632j:plain
皮の弾力と餡の旨みと小ぶりな形が
ベストバランス!!

『春雨と野菜の春巻き』
f:id:miyamomi:20150207141800j:plain
最近餃子とセットで頼んじゃいます。

『この熱々パリパリ感を見よ!』
f:id:miyamomi:20150207141859j:plain
口の中をちょっと火傷しちゃうくらい
熱々を頬張るのがお店へのリスペクト。

『海鮮野菜タン麺』
f:id:miyamomi:20150207142104j:plain
被せ合う海鮮のコクと野菜の旨み。
最後の一滴までスープ飲み干しました。

『牛ハラミの蜜柑風味炒め』
f:id:miyamomi:20150207142317j:plain
これぞ笑口房の真骨頂。
丁寧に下処理したハラミに絡むソースを
蜜柑の皮の苦味と微かな酸味が軽やかにし、
銀杏のホクホク感が食感にリズムを与える…
つまりメチャクチャ美味いってこと!!

『まろやか杏仁豆腐』
f:id:miyamomi:20150207142633j:plain
テンション上がりっぱなしの口を
ふんわりと落ち着けてくれます。

2人でこんなにしっかり食べて3,000円。
お値段だけは祐天寺クオリティ!

今日もご馳走様でした。


来々軒のお話も近いうちに☆
広告を非表示にする